かんなつきのゲーム目録

MUGENのキャラ作成、ゲームのプレイ日記、TRPGのことをつぶやいたりなブログ。

アリアンロッド2E アコライト考察

0 Comments
かんなつき
Q.なんでアコライト?
A.一番悩んでるから

アコライトと言えば、「プロテクションとヒールさえやってれば何やっても許される」とか。

しかしそう簡単に言われても難しいかったので、いろいろなサブクラスとの組み合わせを考えて、記事として残しておこうという感じで。
流石に全部の組み合わせには言及しないと思う。

クラスの横のアルファベットはおススメ度。
S(とてもつよい)>A(つよい)>B(よわくはない)>>C(あまりよくないかも)…

またどの組み合わせの場合も基本的にはプロテクション・ヒール・クイックヒール(3種の神器)は取りそろえるとする。

なんか間違ってたり忘れてたらゴメンね


・ウォーリア(A)

アリアンロッド2Eの看板アコライトが持つ組み合わせ。

実際、ありよりの組み合わせなので何とも言えない気持ちになるけど、一般的なアコライトのイメージではないことは確かだと思う。

武器を打撃にすれば実質消費の少ないバッシュとして利用できて、上級クラスで強化も可能な「ハンマーストライク」を中心に組むのが強い。片手武器なので余ったもう片方の手は盾を持つ。
ウォーリアからは「カバーリング」「カバームーブ」「シールドストライク」「シールドスラム」などを取ると良さげ。

メインウォーリアに火力で勝つのはどうやっても無理なので防御系に手を伸ばしていくのが手堅い。

メインウォーリアが防御系をやるとパーティ全体の火力が大幅に落ちる、そもそもパーティで最も生き残らなければいけないのはアコライトという実情があるので有効な組み合わせ。


・アコライト(B)

フェイトが1点増える、という利点を活用するならロールスキルじゃないかな。
たぶんホーリーオーダーが一番使いやすい。

ホーリーオーダーⅠⅡ+ホーリーウェポン+マニフィカートで武器攻撃ダメージ+15、命中+1D

メジャーは攻撃するならビリーブで威力強化したホーリーライトか、ハンマーストライク…
ただ命中ダイス強化が一切ないので、いっそのことブレッシング+グローリーで補助に回った方が仕事はできるかもしれない。

戦闘が3回あるとして、その3回全部でホーリーオーダーⅠⅡを使うなら使用フェイトはピッタリ6になる。

セットアップでヘイストを自分にかけて、メジャーでホーリーウェポンを使えばⅡは必要ないのでフェイトの節約が可能。


これが強いかはともかく、ホーリーウェポン+マニフィカートのダメージ+15、命中+1Dをシーン持続で全員に付与というのは補助系のビルドを組む上での基準の一つ。
他のサブクラスでは、これを上回る水準の補助を撃てるかが課題となる。


・メイジ(S)

メイジを選んだなら補助系か魔攻系かに分かれる。

補助系はホーリーウェポン+マニフィカート、ブレッシング、ヒール、エンチャントウェポンを「マジックブラスト」で範囲化して味方にばらまく。

このタイプは「マジックブラスト」以外にメイジから欲しいスキルがほとんどないので、他クラスからの転職でかじられることのほうが多い。

エンチャントウェポンもメインメイジがやったほうが強いし。


魔攻系は貫通ダメージ+係数SL*4のパッシブブーストができる「ホーリーライト」が主軸。
メイジからはマジシャンズマイト、コンセントレイション、マジックブラストは最低限取得したい。

貫通ダメージなので十分に火力は維持できるし、威圧は腐り辛いバステ。

メイジのスキルを取り切ったら、セージに行くのが鉄板だろうか。
上げた知力でエネミー識別や、ホーリーライトの威力とプロテクションの軽減、ヒールの回復量を一挙に増やせるエフィシエントの組み合わせが強力。

魔攻系アコライトはサブクラスを嗜んでも最後はメイジに来ることになるんじゃなかろうか。
基本的に魔攻アコライトのサブクラスはメイジへの転職を前提にスキル構成を考えていくことになると思う。


・シーフ(C)

たぶんあまり有用ではない組み合わせ。

まずプロテクションの使用で隠密が切れてしまうので隠密型はダメ。

やるなら打撃武器を持って、ハンマーストライクとワイドアタックを両取りして武器攻撃。
「バタフライダンス」を取得して回避の眼を作り、生存率を上げるのがいいのではなかろうか。

これにするなら万能判定強化のブレッシングは取得しておきたい。
道中の判定も安定してさばけるようになるはず。

あまり噛み合う組み合わせではないが、干渉もし辛いのでメンバーが足りない時は仕事はできると思う。


・アルケミスト(A)

「グレネード」「錬金銃」を使ったビルドはシーフでやったほうがいい。
なのでここで考慮するのはポーション型。

エリクサー、シンセサイゼーション、ポーションピッチ、マグニフィケーションの4枠で完成してしまうお手軽ポーション補助ビルド。

重用なのは大量のポーションを持ち歩ける筋力とそれを購入する財力。

転職候補はバードやセージかな。メジャーなしでも仕事のできるところが良さげ。
地域クラスも含めればヒーラーが一番。散財がより酷くなるけど気にしたら負け。


・イリュージョニスト(A)

ここに来るなら魔攻系一択。

イリュージョニスト自前の魔法だとメイジの補助なしではあまりに低火力で、バステ付与も難しくなってしまう。
ホーリーライトをイメージマジックで強化する方向のほうがいいと思う。

ビリーブ込みでダメージは4D+20の貫通ダメージになる。
命中が上げ辛いのも幻属性魔術の特徴である精神リアクションでカバーできる。

ちなみに、ホーリーライトは「バッドステータスを与えるスキル」に該当する(与える条件に分類制限はあるが、「バッドステータスを与えるスキル」というくくりは相手によって変わったりしない)。
なので、バッドイメージ、ファントムペイン、ファイナルイリュージョンの対象になる。
ただ、この中だとファントムペインくらいしか有効なものはない。
リアリスティックイメージがどうしても欲しいならファイナルイリュージョンを取る。

最低限、イメージマジック、ファントムペイン、イリュージョンマスターは取得したい。


・ガンスリンガー(B)

キャリバー、アームズマスタリー。ファニングと必要なものはガンスリンガーだけで揃う。
キャリバーの射程は少し不安。

多少の火力不足はカリキュレイトとワンコインショットで補える。

それと下級まではいいのだが、上級に入ると発展性が無くなってしまうのが難点。

下級まででも行動範囲が狭まるのであまり強い組み合わせではないかも。

ちなみに補助型のアコライトが「カリキュレイト」のためだけに転職する場合はおススメ度A。

自分用だと割り切れるならMP消費のないこちらのほうが使いやすい。


・サムライ(A)

武器は刀か打撃かだが、刀でいいんじゃないかな。防具にお金を回せるのは利点。

アーマーブレイク+トゥルーブレイク+バステ付加マイナーやトルネードブラストLv3といった、メインウォーリアだと手が出ないサムライコンボに手が届く。

レベルが上がるほどハンマーストライクの+5Dより貫通+物防-20のほうが有効な面は増えるはず。

まあ上級になるとそうも言ってられんけど…


・サモナー(A)

プロテクションを一切取得せず、サモン・アラクネを範囲化可能なプロテクションとして一応運用可能。
ただ、MP消耗が厳しすぎるので軽減スキルはちゃんと取得したいところ。

下級はこれで問題ないのだが上級にくるとプロテクション強化に追い抜かれてしまう。

ファミリアアタックのほうが使いやすいかもしれない。
育ち切れば命中4D+感知、ダメージ7D+15+CLの攻撃が可能で、シナリオ1回シーン攻撃、MPが許せば2回攻撃ができる。

メイジやウォーリアよりはファミリアアタックを飛ばす役としては向いている。


・セージ(S)

プロテクションの軽減量とヒールの回復量を上げられるエフィシエントが強力。

魔攻型ならエフィシエントが攻撃にものるうえに、魔攻で伸ばす知力を識別でも活用できる。

補助型ならシナリオ5回、あらゆる判定に+2Dできるアドバイス+ハイアトリビュートは取得したい。
エフィシエントを取得するならヒール・プロテクション以外にもう一つ魔術系を覚えておきたい。
地域クラスだがフォーキャスターのチェックメイトが有力。
アコライトのヘイストでも十分有用。


・ダンサー(B)

これで取得できる回数制限のないメジャーが飛行前提の白兵攻撃スキルしかないので、メジャースキルはアコライトから捻出する必要がある。

エンカレッジとダンシングヒーローはとりあえず取っておけば無駄にはならないはず。

ステップ系はアースの防護点上昇が優秀。

ファイアはよく考えて取らないと他のセットアップの下位互換だったりするかも…
ただ特殊攻撃アタッカーだったら絶対欲しい。

総じて何かから転職してここに来るのがおススメ。最大SLも少なめのものが多い。


・ニンジャ(C)

ハンドシンボル:爆は魔法攻撃限定なのでヒールやホーリーウェポンには使えない。

まあバーストブレイク取っておけば使えないなんてことは無いとは思う。

なんだかんだ書いたものの、相性は良くない。


・バーサーカー(B)

ここに用事があるのは武器攻撃系くらいのはず。

ただ、狂戦士化のリアクション不可というのはアコライトがなると面倒極まりない。

なんらかのバステ対処手段を用意できるなら、メインウォーリア並みの火力を得られる。


・バード(S)

いわずとしれたアコバードと呼ばれる鉄板ビルド。

ジョイフルジョイフル、ディスコード、ファイトソング。いつもの呪文。

そもそも精神を伸ばすアコライトと呪歌は普通に相性がいい。
ガルドル、シルバディソングを取ってアンセム、アンプロンプチュ、ララバイといったスキルを取った呪歌中心のキャラとして仕上げてもいい。


・モンク(A)

いわずと知れた殴りアコと呼ばれるビルド。

モアタフネス、レジストエレメンタル、ハードマッスルのような防御系パッシブとペネトレイトブロウを中心にモンクで完結する攻撃系スキルを取りそろえる。

インデュアによるバステ対策やアイアンフィストとも相性がいい。


・レンジャー(B)

弓で攻撃したいなら。一応、レンジャーだけで攻撃用スキルは一通りそろう。

ガンスリンガー同様上級職に行くと伸びしろが無くなってしまうのが難点。
しかもこちらには万能スキルがあるわけでもない。

まあアコライトがうろうろするのは少ないのでホークアイと相性がいいのは利点かもしれない。



まとめ

味方のサポートに特化したい
・アコライト
・アルケミスト
・セージ
・バード


自分も前線に出て戦いたい(神官戦士)
・ウォーリア
・サムライ
・モンク


遠距離から魔法を使って攻撃したい
・メイジ
・イリュージョニスト
・サモナー(特殊)


転職先でいいもの
・ダンサー(各種ステップ、エンカレッジ)
・ガンスリンガー(カリキュレイト)


シーフ、ニンジャ、バーサーカー、レンジャーは少し難しい。
この辺のクラスをやるなら別のメインを使う方が活躍できそう。
スポンサーサイト

インクリースイリスを更新+仕様解説

0 Comments
かんなつき

性能調整や細かい調整、不具合防止など

configのわかり辛かった部分や、リドミを更新
ライフバー表示演出を原作準拠に変更
300ダメージ以上即死を落下ダメージにも適用
被弾後の無敵時間を調整
必要無いHitdefPersistの記述削除
110、115ステートの消去していたHitByを元に戻した
5011ステートのDefenceMulSetを削除し、-3に同様の処理を移行
5110ステートのGameMakeAnimに消去召喚対策を追加
コモンステに分身対策DestroySelfを追加

不具合修正

ジャンプ下降ステでTimeトリガーの変数化を行っていなかった問題を修正
HP吸収フラグProjが時止めで固まると回復し続けてしまう問題を修正
ゲージ強化設定のゲージ自動回復が機能していなかった問題を修正

6/23追記
イントロで時止めされると不具合を起こすことが分かったので更新しました。ゴメンね

仕様解説

某審査生放送にて色々言われていたので解説をします

Q.固くない?調整したいんだけど。
A.Configにある「耐久力設定」が真ライフとなります。
 デフォルトは「カラー×6」という数値です。
 7Pなら7*6=42、ということになります。
 6Pが6*6=36ですのでこの辺りを目安に調整していただければいいと思います。
 ちなみに21億などのとても大きな数字を設定すると神キャラや直死を用いないと倒せなくなります。
 難易度はそこそこ高いようです。がんばってください。


Q.タイムアップ回復ある?
A.実は上のライフバーは真ライフと同期していません。
 真ライフは画面下の独自ライフバーです。
 TU時に上のライフバーとしたの真ライフを同期させるので、真ライフが回復していた場合はTU時に回復をします。


Q.なんか全然ダメージ受けない時あるよね。ダメージ条件とかある?
A.300ダメージ以上即死バフが付いていると、300以上のダメージは無効化されます。
 つまり1~299のダメージしか通しません。あとマイナスフローも通らないです。
 
 無敵については召喚直後、被弾時、当身されたときに付きます。
 技中無敵などはありません。
 

Q.なんか回復してる?
A.HP吸収設定がONだと攻撃がHitすると回復します。
 そこそこがんばって対策しているのであまりないとは思いますが、トムキラーで干渉されても、ProjのHitを感知して回復します。なお、トムキラーは効きません。

 また、原作通り回復感知で便乗回復します。
 また、回復量が10未満なら便乗しません。これも原作通り。
 自分で使った毒に便乗することはないということになります。

 そしてこれら回復は真ライフのみが回復し、実ライフは試合中回復しません。

インクリーズイリス更新

0 Comments
かんなつき
いろいろ搭載したかったシステム面の追加を行いました。

技は間に合いませんでした。次の更新で増やしたいですね。
というか既存技の調整のほうで手間取った

新規追加要素

ゲージ関連の設定を追加。
300ダメージ以上即死バフ発動設定を追加

不具合修正

条件次第で行動不能になってしまう不具合があったのを修正。
バフデバフのExplodの表示がズレてしまう問題を修正。
超必殺技の時止め耐性が付いているときに、時止め耐性のあるプレイヤーから押し出しを受けてしまう問題を修正
超必殺技の付与デバフの更新が上手くできていなかった問題の修正
本体が試合後の処理に移行できない問題を修正
分身のHitdefのgetpowerが動作していない問題を修正。
投げ技のダメージが1しか発生していなかった問題を修正。

性能調整

HP吸収を全カラーデフォルトONに変更
攻撃中アーマー設定のデフォルトを3P以降から4P以降に変更
超必殺技AI調整
超必殺技のデバフ付与条件の調整
分身のConst値を分身の身体の大きさに合わせて変更するように調整。
体の大きい分身は防御力が増えるように変更。
演出の不具合が出たので超必殺技のmovetimeを0に変更。
永続ターゲットを本体からヘルパーで行うように変更。
永続ターゲットをタッグ戦に対応。
分身が撃破されたときの処理を個別ステートから5150に変更。
投げ技のHit後の投げ無敵を100F持続に変更。


ヘルパーにgetpowerとかgivepowerが上手く動かないって聞いたことはあったんですけど、ここまで動かんものとは知りませんでした。
まだヘルパーへのgivepowerの問題は解決できていません。困る…


条件次第で行動不能になるやつは100%わたしが悪いです。ゴメンナサイ。
試合開始後1F目にAIが移動して、ニュートラルに戻る前に被弾すると動けなくなってました。

ゴンドワナ氏キャラ不具合修正パッチ公開

0 Comments
かんなつき
本人に許可をいただいたので公開します。


実はドラゴンフェアリーの低カラーと影縫氏の戦乙女サキが試合をすると、サキ側のある投げが原因でドラゴンフェアリーが護身します。


その問題を修正するのと、同じ原因で護身しそうなステ抜けを持っていた、フェノメノ、クドラStormの二人の不具合を直すパッチを作りました。

後者2人を護身させるキャラは見つかってませんが、念のため。


なお、パッチを当てたことを大会などで表記する必要はありません。


ランダム生成

0 Comments
かんなつき
MUGENのRandomは0~999しかないんですよね。
これを使って1000以上の値を無理やり作ると、

Random*100000+Random

とかやっても、変に偏ってあんまり使えないなんてことに。

というわけで、疑似乱数を作るアルゴリズムを調べて、
非常に簡易なものを仮実装しました。

[State -2, シード設定]

type=Null

triggerall=var(7)<=0

triggerall=1||var(0):=Random%4

trigger1=var(0)=0

trigger1=1||var(7):=123456789

trigger2=var(0)=1

trigger2=1||var(7):=362436069

trigger3=var(0)=2

trigger3=1||var(7):=521288629

trigger4=var(0)=3

trigger4=1||var(7):=88675123

IgnoreHitPause=1


[State -2, 乱数生成]

type=VarSet

trigger1=1||var(7):=abs(var(7)^var(7)*Ceil(2.0**13))

trigger1=1||var(7):=abs(var(7)^(var(7)&(-ceil(2.0**17)))/ceil(2.0**17))

trigger1=1||var(7):=abs(var(7)^var(7)*Ceil(2.0**5))

trigger1=1||var(7):=(var(7)^var(7)*Ceil(2.0**13))

trigger1=1||var(7):=(var(7)^(var(7)&(-ceil(2.0**17)))/ceil(2.0**17))

trigger1=1||var(7):=(var(7)^var(7)*Ceil(2.0**5))

var(7)=abs(var(7)+(Random&31))

IgnoreHitPause=1



これを常時監視で読み込ませるだけで1~2^31-1の乱数が生成されます

(まあ小さい数字はめったに出てこないんですけど)


使いたい桁数で割ればうまく使えると思いますが、

Randomと同じ挙動を取らせる(参照のたびに違う値を取って欲しい)ときは

その都度乱数生成ステコンと同じことをやらせないといけないのが面倒ですね。



ちなみに、これの目下の用途はあゆあゆキラーの指定先に使います。


trigger10=1||var(9):=100000000+Random*1000000+Random*1000+Random


こんなふうなのを桁ごとにいっぱい作ってたんですけど偏りが大分ひどかったので。

この乱数に一任すれば、ランダムステートあゆあゆの時間を短縮しつつ、精度もある程度出せるはずです。


単純に1000以上の乱数として利用できるので、他にも色々使っていけそうですね



追記

精度が悪かったので修正