2重消去時止め解除

0 Comments
かんなつき
うわさで聞いた技術の一つで極数名の上位神が搭載してるらしい?

内容はというとヘルパーの行動順を利用した強力な時止め制御のようです。


時止め解除親ヘルパーが時止め解除子ヘルパーを召喚
その他ヘルパー処理
最終ヘルパー
召喚された時止め解除子ヘルパーで時止め


というのが消去型時止め解除の基本的な流れ。

あらゆるヘルパーの行動後に実行できるので時止めとしては非常に強力です。


が、これは相手が同じ消去型時止め解除を持っていなければの話。

もし相手も消去型時止め解除を持っていると。

最終ヘルパー
「自分の」召喚された時止め解除子ヘルパーで時止め
「相手の」召喚された時止め解除子ヘルパーが時止め解除

と行動されて、時止めに失敗することがありますね。


これはヘルパー占有で防ぐことが可能なのですが、頻繁にヘルパーを占有するのは重いし殺傷力にも影響が出かねません。


それをコンスタントに解決する手段の一つとして最近聞いたのがこの多重時止め解除でした。やりすぎると非常に重くなるので2重がベターでしょう。


最終ヘルパー


「自分の」召喚された時止め解除子ヘルパーで時止め
+
「自分の」召喚された時止め解除子ヘルパーが時止め解除孫ヘルパーを召喚


「相手の」召喚された時止め解除子ヘルパーが時止め解除


「自分の」召喚された時止め解除孫ヘルパーで時止め


このように孫ヘルパーを召喚することで相手の時止め解除よりもさらに後ろに時止め解除を再召喚することのようです。


多少処理が重くなりますが単純な消去型時止め解除より時止めの精度が上がります。

もっとも、相手が消去型時止め解除を持っていないなら、ただMUGENを重くするだけの行為でしかないので
相手の消去型時止め解除を感知して多重解除に切り替えられるようにするのが望ましいと思います。

相手の消去型探知は親変更の動作軽量化にもつながるのでやって損はないと思いますよ?


とはいえ、消去型時止め解除貫通が有効打になることはそう多くはないようですが。

拙作のCGレミリア3Pに有効らしいので良ければチャレンジしてみてください。

彼女の難易度は、☆4.4程度らしいですがね…

スポンサーサイト
かんなつき
Posted byかんなつき

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply