M-G-Cで要求される本体邪眼、というか邪眼キラー改

2 Comments
かんなつき
追記:
M-G-Cの2018/05/07の更新により、以下の記事の内容はほとんど意味のないものになっています。



思った以上にきつかった…
超即死投げを根元から作り直さないといけないですね。

ちなみに、I-orin12Pやアルファゼロ12Pは即死できるので、やっぱり本体邪眼キラー自体はできてます。


ただし、M-G-Cでは
「本体を奪った後、1Fの間凍結してはならず、邪眼キラー改でステート奪取を維持する」
ことが要求されてました。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
最終ヘルパーからタゲステ


次フレーム
自分
 本体Hitdef
相手
 Life=0 + HitPauseTime付きReversaldef展開 + 邪眼キラー改
最終ヘルパー
 タゲステ


次フレーム
 相手(凍結)
 超即死送り
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
これが今までの構造。

これをこんな風に組み替える
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
最終ヘルパーからタゲステ


次フレーム「新しい処理」
自分
 なにもしない(自分が何かを殴ってターゲットを取得しても失敗する)
相手
 Life=0 + 邪眼キラー改
最終ヘルパー
 タゲステ


自分
 Hitdef
相手
 Life=0 + HitPauseTime付きReversaldef展開 + 邪眼キラー改
最終ヘルパー
 タゲステ


次フレーム
 相手(凍結)
 超即死送り
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このように一手間加える必要が出てきたわけです。

これを見た感想としてはですね…
これ本体邪眼のテストではなく、邪眼キラー改のテストだったんだなと


ちなみに昔のバージョンでは超即死投げの精度が低くて、
相手をすぐに凍結できないときがありました。

このすぐに凍結できないときにたまたま本体邪眼判定が取れることがあったんですね。


わたしが本体邪眼が取れてないはずがないと思っていたのはこれが原因だったみたいです。
精度が上がって逆に条件を満たせなくなってたとは驚きました。


ちなみに…
邪眼キラー改とは、邪眼抜けを行っている相手を「凍結」させるための技術です


凍結のためはHitdefやReversaldefを撃たせるんですが、
trigger1 = stateno!=120
のような邪眼抜けを行っているとき、120以外のステートで処理を終わらせると

凍結したものの邪眼抜けでステ抜けされる
ステコンオーバーフローに送れない

となります。


その上、上の例のように「ガードステート」に抜けるタイプだと

凍結したものの邪眼抜けでステ抜けされる
タゲステが効かなくなる
Hitdefを使わない+常時無敵とかだともう干渉できない
詰み

となってしまいます


そこで、
自分の120ステートへ奪取
凍結を付与するなどの処理を行うステートでいろんな処理
自分の120ステートで行動終了

次のフレーム

自分の120ステートから行動開始
超即死

と、行動させればいいわけです。これが邪眼キラー改と呼ばれています。


ただし、通常邪眼キラーにそのまま導入すると、

120→一括処理→120→一括処理→…

と、2500ループを起こすので難しい。


例えば、すでに一万個近い通常邪眼を備えたキャラクターが
邪眼キラー改を導入しようとした場合、その一万個のChangeStateを全て書き直さないといけないわけです。

なので、結構敷居の高い技術ではありますが、
超即死投げやヘルパーノーマル化の精度を飛躍的に向上させる重要な技術です。


この技術を使って、マーシャルの本体直下ヘルパーをノーマル化できるようなら上位神でも上のほうを名乗ってもいいと個人的には思います。
スポンサーサイト
かんなつき
Posted byかんなつき

Comments 2

There are no comments yet.
かんなつき  

無意識って怖い…

そちらの条件で本体邪眼キラー判定貰えました。報告ありがとうございます!

せっかくなので、アニメ式ステ抜けのフォローとか
邪眼キラー改の組み直しとかに挑戦してみますね

2018/05/07 (Mon) 10:56 | EDIT | REPLY |   
-  
Oracle

夜分遅くに失礼します。
本体邪眼はI-orinを想定したものですが、無意識に邪眼改の指定をしてしまっていたようです。

本体邪眼判定の解除条件は正しくは以下になります。
enemynear,numtarget||movetype=H||movereversed||stateno!=0

邪眼からの即死処理は修正前で大丈夫です。

邪眼改の書き換えは複数行正規表現で一気に置き換えるなどすると、楽に実装できますね。

2018/05/07 (Mon) 01:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply